検索

ブログ

お客様の声

二胡
初心者のためのお得なセット
二胡初心者セット
初めての方にも心地よく響く
紅木二胡
日本で人気の高い、甘く柔らかい音色
黒檀二胡
深みのある豊かな音色で音量も十分
老紅木二胡
明るく艶やかな音色が演奏家にも人気
紫檀二胡
「二泉映月」などの特定曲に使用
二泉二胡
深い低音が魅力
中胡
快活で明るい高音が特徴
高胡
新品訳アリ品!
アウトレット 二胡本体
二胡付属品
二胡ケース
二胡弓
松脂
チューナー
千斤(上駒)
二胡駒
弱音器(練習用ミュート)
アジャスター(微調整金具)
コントロールマット(控制墊)
滑り止めマット
松脂付着防止カバー
蛇皮休め
スタンド、譜面台、足台
二胡ケースレインカバー
立奏用ホルダー
二胡小物セット
お手入れ用品
二胡周辺備品
アウトレット 付属品
二胡教材
楽譜
教則本
教則DVD
二胡之友

2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日

2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

休業日:土・日・祝日
営業時間:9:00〜18:00
最短で翌日のお届け。

千斤張り替え方法・交換方法

千斤の張り替え方法・交換方法をご案内いたします。
まず、千斤の取り付け位置(駒からの距離)については諸説ありますが、駒から千斤までの有効弦長の目安はおよそ38cm〜39cmの長さにすると、響きが良くなるとも言われています。
但し、腕の長さや手の大きさ、指の長さには個人差があるため、手の大きめの人は高めに、手が小さい人や子供については低めの高さに調節したりします。
高さが決まったら、以下の順序の通りに千斤を巻いていき、取り付けてみましょう。
一見複雑な巻き方に見えますが、覚えてしまえば意外と簡単に取り付けられますので、是非、挑戦してみてください。


あらかじめ決めた千斤の取り付け位置に、約5cm〜6cm端を余らせた状態で輪を作ります。

輪にした紐の根本から輪の上に乗せるように、自分から見て左回りに3回ほど棹に巻き付けます。

紐を弦の外側に回してひと巻きします。

再び紐を棹に1回巻きます。

弦→棹→弦→棹…の順で同じ動作を6〜7回繰り返し、棹の上に向かって紐の間隔に隙間がないよう巻き付けます。
この時、弦と棹の距離が約1.8cmの高さを保つよう意識して巻いていきます。

再度、棹のみに3回ほど巻き付けます。

紐の先端を、①で作ってあった輪に通します。

輪に通した紐の先端を上部に引っ張りながら、最初に余らせておいたもう一方の先端を下方向に引っ張ります。

両端を引っ張りながら、棹の裏面の中央辺りに輪の結び目が来るように調整し、千斤全体の形を整え、両端の余った紐を切り落として完成です。